1. TOP
  2. お片づけのコツ
  3. 片付かない理由その3 俯瞰的にみていない

片付かない理由その3 俯瞰的にみていない

大阪、神戸、京都、滋賀・・・そして東京。

日本全国の女性起業家が最高のパフォーマンスを発揮するための住環境整備をお手伝いする

金運・仕事運アップ【おしゃれ風水空間プランナー】のはるかです。

お部屋が片付かない、スッキリしない理由には

9つのポイントがあるとお伝えしました。

①モノが多い

②仕分けができていない

③部屋全体を俯瞰的に見ていない

④適切な家具がない

⑤年齢の変化についていっていない

⑥生活動線を考えていない

⑦見た目のそこに住む人への影響をわかっていない

⑧部屋の使い方が今一つ

⑨自分の好きを取り入れていない

今回は

③の「部屋全体を俯瞰的に見ていない。」について。

鳥や蝶になったるもりで見てみる

俯瞰は「ふかん」って読むんだけど、

辞書を見ると「高いところから見おろすこと」って意味らしい。

これもねー、めっちゃ大事なのです。

モノの1つ1つは、めっちゃいいもの。

ほんと良いものを揃えている。

だけど、コーディネートがいまひとつ・・・

ってことがよくあります。

部屋を「俯瞰的」に見て、おかしくないのか?

イケてるのか? これをチェックしていますか?

ここ、残念な人が多い。

イケてないと、トンチンカンな部屋になる。

そうすると、片付いているのに

片付いてない部屋に見える!

俯瞰的に見て、雑然としない部屋にしよう。

かんたんに言うと、

鳥や蝶になったつもりでお部屋を見渡してみて、ってこと。

まずはテイストを揃える

お部屋を俯瞰して見たとき、

バラバラのテイストはいただけない。

ヨーロピアンなの?

アメリカンなの?

いやはや、シンプルなの?

どんなインテリアテイストを目指しているのか?

この統一感がめっちゃ重要!

モノ1つ1つは素敵なのに、残念なお部屋。

問題は、コーディネートなんだよねー。

インテリアコーディネートができているか、

鳥の視点で見おろしてみてね。

家具のチョイスと配置を俯瞰してみる

あと、家具の問題。

家具のチョイスや配置も同じ。

これがとんちんかんだと

片付いていない部屋に見えるの。

家具のチョイスはテイストを揃えてほしいし、

家具のクオリティは部屋の雰囲気を決めるから

心して選んでほしい。

特にリビングは

できれば、高級感がほしいよね。

高級感とは、板の分厚さだったり

板などの材質だったりする。

あとは配置。

奥行きや高さに気を使うこと。

奥行きを統一する。

高さを統一する。

統一感を考えてチョイスすれば、

部屋が広く見えたりする。

逆に、大きさの違う小家具を置くと

部屋が狭くて、チープに見えちゃう。

実は、こういったダメダメポイントは

部屋を俯瞰的に見ると、すぐにわかることなんです。

たけど、モノ単体で見ていると、気がつかない。

だから、コーディネート大事なのだわ。

「なんだか、しっくりこないな」

「オシャレにみえないな」

そう思ったときは、鳥や蝶になったつもりで

お部屋を俯瞰してみてね!

じゃあね!

\ SNSでシェアしよう! /

おしゃれ風水空間お片づけ術 大阪・神戸 はるかの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おしゃれ風水空間お片づけ術 大阪・神戸 はるかの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 感謝企画!!お客様100名様突破記念!!いつもの半額でお片づけさせて頂きます。

  • 【どこから始めていいか分からない人へ】風水空間プランナーが教える片付け術

  • 片付かない理由その4 適切な家具がない

  • 部屋が片付かない9つの理由

  • 片付かない理由その8 部屋の使い方が今一つ

  • 片付かない理由その2 仕分けができていない